スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

共通部分に目をつけて  4年算数の学習 

4年生の担任の先生が黒板に、なが~い文章問題を書いています。

今日は、この問題を図を使って考えます。

11254sa1[1] 11254sa2[1]

考えていた問題は、こんな感じです・・・

「Aさんは、小プールを●周、大プールを▲周泳ぎ、合計■m泳ぎました。

 Bさんは、小プールを◎周、大プールを▼周泳ぎ、合計◆m泳ぎました。

 大プールと小プールの長さは、それぞれ何mでしょうか?」


保護者のみなさまや卒業生のみなさまには、もうお分かりですね。

中学校で学習する、「XとY」を使う2元1次の連立方程式の問題です。

実は、その問題が、小学校の4年生で、初めて登場していたのです。

小学校では、この問題を図を使って考えます。


11254sa3[1] 11254sa4[1]

11254sa5[1] 11254sa6[1]

方程式を知っていれば簡単に解ける問題ですが、子ども達は、まだ知らないので

頭をふり絞って考えていました。

算数って便利ですね・・・・

4年生の保護者のみなさま、子ども達のノートや算数の教科書をご覧になって下さい。

子ども達が苦労して問題を解いている様子がわかると思います。










関連記事
 
カテゴリ : 全校のニュース
2011-11-25(Fri) | コメント : 0

コメントの投稿

非公開コメント


Google
WWW を検索 このブログ内を検索
見に来てくれた人
       since 2010.9.8.
月別のニュース
クリックした月のニュースを全て表示します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。